img_01

中古車と新車の購入を考える

車の購入を考えて新車にしようか中古車にしようか迷っていました。

初回に新車を見に、ディーラーに足を運びました。



そして、そのディーラーで目的の車の見積もりを取りました。
初回の見積もりで、およそ420万円という見積もりが出されました。

さらに別のメーカーディーラーで、もう1台の車を見に行き、同様に見積もりを取りました。

見積価格はおよそ440万円でした。

最近話題の日本経済新聞の情報をお知らせします。

後者のメーカーの車は装備的にやや高くなりました。

さらに、中古車(新古車)の見積もりも取りました。


異なる2つのメーカーディーラーで新車2車種、中古車1車種の見積もりを見比べて検討しました。


新車は競合させることで値引きが多くなり、さらにオプションなどのサービスなどを付けると両社とも30万円程度お得となりました。

新車の場合は、430万円の車で390万円で購入することを決めました。


同じディーラーで中古車販売をしているので、同様の車で中古車の見積もりを取ると希望車種の場合、意外と新車に近い金額が出ました。中古車の場合、仕入れ価格が新車に比べて高いことから、あまり値引きが出来ないという点があるといわれました。

同じディーラーで新古車と新車を競合させるといったこととなりました。



ディーラー側の担当者は新車を強く勧めて着ました。

中古車の場合、2番目のオーナーになるので、次の買い替えの下取りのも差が出ることがあると言われました。


結局、新古車は止めて新車を購入することにしました。